そろそろかな?と気になる方・老眼の症状でお悩みの方へ

スポンサーリンク

老眼はいくつから始まるのですか?

 

老眼はいくつから始まるものなのか

 

知っておくことは大切ですよね。

 

 

老眼の代表的な症状には「本や書類の文字が読みづらくなった」

 

「物を遠ざけて見る」などがあります。

 

 

こうした老眼の症状が、いくつから現れるのかというと

 

45歳くらいが平均年齢とされています。

 

 

ただ、このようにはっきり老眼と自覚できる症状の前には

 

目が非常に疲れたり、目の奥が痛かったり

 

首や肩が凝るなどの、目や体への様々な不調を感じる人が多いんですね。

 

 

こうした、老眼の初期症状の出始めが・いくつからなのかというと

 

30代後半から40歳過ぎたあたりと言われています。

 

 

ただ、現代では目を酷使する生活環境にあるため

 

老眼の始まる年齢が若年化してきているといわれます。

 

 

また、老眼鏡をいつからかけ始めたらよいのか

 

迷われる方も多いと思いますが、目の疲れが続いたり

 

日常の中で支障を感じ始めたら、すぐに眼科での受診をおすすめします。

 

 

そして、これ以上老眼を進行させないためにも

 

早めに老眼鏡を作りましょう。

 

 

もちろん、遠近両用のコンタクトレンズなどもあるため

 

「老眼鏡はちょっと・・・」という方には

 

昼間はコンタクトレンズの装用も一つの選択肢ですね。

 

 

ただ、老眼の自覚症状が出始めても

 

老眼をなかなか受け入れられなかったり、

 

老眼鏡をかけることが面倒だったりして、我慢する方も多いようです。

 

 

確かに40歳そこそこで老眼と言われても 

 

つい抵抗したくなりますよね。

 

 

ですが、全身の見えない所で徐々に老化は進んでいて

 

目も例外ではないため、支障を感じたら老眼鏡を作った上で

 

これ以上老眼が進まないように、対策を取ることが賢明なんですね。

 

 

そして、老眼を食い止めるための目の運動などは

 

脳も同時に活性化させる働きがあるため、

 

これが体全体にも良い影響を与え、若さを保つのに繋がるとされています。

 

 

また、この老眼はいつまで進むのかと不安になるかもしれませんが

 

個人差はあるものの、70歳くらいまでには

 

進行が止まると言われています

 

 

こうした老眼の始まり以降の年代を、元気で過ごすために

 

そして、目の病気などの発症リスクを減らすためにも

 

日頃から意識して、目の若さをできるだけ保つよう心がけましょう。

スポンサーリンク