そろそろかな?と気になる方・老眼の症状でお悩みの方へ

スポンサーリンク

老眼とピント調節との関わりを教えてください

 

老眼は『目のピント調節力』」が衰えて現れる症状ですが、

 

まず「目のピント調節力」についてお話しますね。

 

 

私たちがものを見るときには、

 

瞳孔から入ってきた光を、その内側にある

 

レンズの役割をしている水晶体で屈折させます。

 

 

その際は、目の奥にあるフィルムの役割をする網膜に

 

見ているものがきちんと映し出されるように、

 

光を屈折させる角度を調節しながら、ピントを合わせているのですね。

 

 

そのためには、水晶体を厚くしたり、薄くしたりして

 

厚みを変える必要があります。

 

 

その水晶体の厚みを変える働きを担っているのが

 

毛様体筋という筋肉です。

 

 

この毛様体筋は、近くを見るときには緊張して水晶体を厚くし、

 

遠くを見るときにはリラックスして、水晶体を薄くします。

 

 

このように見ているものの距離により、水晶体の厚さを変えて

 

ピントを合わせる働きのことを、「目のピント調節力」といいます。

 

 

そして老眼になる大きな原因が、この「目のピント調節力」に関わる

 

水晶体の弾力性がなくなると同時に、

 

毛様体筋の柔軟性もなくなってしまうためなのです。

 

 

これは、老化によって全身の筋肉が弱るのと同じで

 

当然目にも影響が出てきます。

 

 

ですので、老眼になると「目のピント調節力」が衰えて

 

近くを見ても水晶体を厚くできないため、ものが見えづらく

 

"老眼は近くが見えにくい"ということになるんですね。

 

 

このように、老眼と「目のピント調節力」とは

 

深い関係があるのです。

スポンサーリンク