そろそろかな?と気になる方・老眼の症状でお悩みの方へ

スポンサーリンク

スマホがパソコンやテレビより老眼になりやすいのは本当ですか?

 

スマホもテレビやパソコンも

 

画面から光を発しているものですから、こうした画面を直接見るのは

 

目にあまりよくないことは、確かにわかりますね。

 

 

ですが本当にスマホが、テレビやパソコンより老眼に

 

なりやすいのでしょうか?

 

 

スマホに比べると、テレビやパソコンの方が画面が大きく

 

光を発する量も多いのでは・・・と感じてしまいますよね。

 

 

 

ところが、実は『スマホ老眼』という名称からもわかるように

 

実際に、テレビやパソコンよりスマホが最も老眼に

 

なりやすいんですね。

 

 

 

では、その理由はなぜなのでしょうか?

 

 

というのも、スマホは小さい画面の小さい文字を

 

ともすれば、20p以下の近い距離で見ている場合もありますよね。

 

 

スマホ,老眼,予防,対策このように、目との距離が一番近いという状態が、パソコンや

 

テレビよりも、スマホが最も目の負担となり老眼になるリスクが

 

一番高くなってしまうということなのです。

 

 

 

テレビは人によっても違いますが、2mくらい離れて見ますし

 

パソコンも、デスクトップやノートパソコンともに40〜50pは

 

離れて見ますね。

 

 

それに比べてスマホは、目からの距離がかなり近いと同時に

 

どこでも持ち歩けて、いつでもサッと取り出し

 

歩きながら気軽に見ることができます。

 

 

こうしたことからも、パソコンやテレビなどにはない『スマホ老眼』

 

といった名称がつくほどに社会現象として急増していますし、

 

老眼を早める危険性もうなづけるのではないでしょうか?

 

 

 

スマホ,老眼,予防,対策またブルーライトと言われる可視光線(目に見える光のこと)が目に負担を与え

 

パソコンやテレビからも出ますが、スマホは目に近い分だけ老眼に影響を与える

 

眼精疲労を、より引き起こしやすくなるのです。

 

 

      ブルーライトについては、こちらに詳しくあります。
     ブルーライト対策の老眼鏡をかけたほうが良いのでしょうか?

 

 

 

なので逆に言えば、30〜40pくらいの距離で見ることで

 

目にとって優しくなり、スマホ老眼のリスクも少なくなります。

 

 

もちろんスマホを長時間使用したからといって

 

すぐに老眼になるものではないですので、老眼を早めるリスクを

 

回避するためにも、スマホ老眼への予防対策をとることがおすすめです。

 

 

      スマホ老眼と予防対策については、こちらのページを参考にしてくださいね。
     スマホの画面を見続けると老眼になるのですか?

 

 

スポンサーリンク