そろそろかな?と気になる方・老眼の症状でお悩みの方へ

スポンサーリンク

老眼と血流は、どのように関わっているのですか?

 

老眼になるさまざまな原因の中でも、血流の悪さは

 

目の老化を早める大きな要因の一つといわれています。

 

 

血流が悪いと、老眼に限らず全身の老化を加速させたり

 

病気のきっかけにもなってしまいます。

 

 

つまり、血液がスムーズに流れることで

 

若さや健康を保ってくれているのですね。

 

 

ではそもそも、体の老化や老眼が血流の状態と

 

どのように関わっているのでしょうか?

 

その仕組みについて、ご紹介しますね。

 

 

私たちの体は、皮膚や髪の毛、内臓や筋肉、骨などの

 

組織によって成り立っていますが、その構成は

 

60兆個以上もの細胞でできているといわれます。

 

 

そして、全身に張り巡らされている血管を流れる血液が

 

この一つ一つの細胞に、酸素や栄養素をまんべんなく供給したり

 

老廃物や二酸化炭素などを回収する役割をしています。

 

 

こうしたことが、円滑に行われるためには

 

スムーズな血流が、とても大切なのです。

 

 

それぞれの組織、つまり私たちの体が正常に活動できるのは

 

血液が順調に流れていることによって、それぞれの細胞の新陳代謝が

 

きちんとできているおかげなのですね。

 

 

一方血流が悪くなり、栄養や酸素がスムーズに運ばれなくなると

 

栄養不足で細胞の元気はなくなり、新陳代謝も滞るため

 

自ずと体の老化や老眼を早めてしまいます。

 

 

このように、血流の状態と老化とは

 

私たちの体を構成している細胞を介して

 

密接なつながりがあるんですね。

 

 

さらに、この血流の良し悪しは

 

血液や血管の状態で変わってくるといわれます。

 

 

老眼,対策,改善つまり、日常の中で「質の良いサラサラな血液」を作るとともに

 

「しなやかな血管」を維持することが、

 

滞りのない血液の巡りにつながるのですね。

 

 

そしてそれが、私たちが毎日を健康で元気に過ごすための

 

原動力になります。

 

 

ですので、体の老化や老眼をできるだけ遅らせるためにも

 

スムーズな血流を保つための生活習慣を

 

意識して心がけたいですよね!

 

スポンサーリンク